スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虫歯

下の小1の息子に歯科検診の結果が来ました。
未治療の歯がありますと書いてあります。
え~また~?
年長の時、虫歯が6本ありますって連絡帳に書いた紙を見てぞっとして
すぐ歯医者に連れて行って結構な期間通って治したのに~
やはり甘いもの好きな上に口が小さいので、歯と歯の間が密接しているからか~?
すぐに、行きつけの歯医者に電話しました。

そこの歯医者は、私のお気に入りの歯医者です。
まず無駄に長い期間治療したりしません。これ重要。
歯科衛生士の人たちが若くて可愛い女の子ではありません。みんなベテランの
おばちゃんばかりです。よその歯医者は大概、先生の好みで選んでいるとしか
思えません。
そして、待ち時間がほとんどありません。
受付のおばちゃんが、かぶらないようにきちんと管理されています。
しかも上手です。

土曜に予約がなんとか取れました。
ついでに私の歯石も取ってもらおうと思いましたが時間的に難しい
と言われたので息子だけお願いしました。
「歯医者いやだな~」
と言う息子を有無も言わせず連れていきました。
「あー二本あるね~。」
「やっぱり歯と歯の間に隙間無いからね~」
先生はおっしゃりました。
うちの息子は顔に似合わず我慢強いので泣かないで虫歯の一本の治療を
終えました。

「お母さんもいいですよ。」
受付のおばちゃんが、キャンセルか何かで時間が空いたので入れて
くれました。

私も歯医者は苦手です。
口をあけていると顎がはずれます。これ恐怖。
大人になると痛みの免疫が無くなると思うのです。痛いものは痛い。
我慢ができなくなっているのでしょうか?
息子はえらいな~と思うのです。

私はまさか自分に虫歯があるなんて、これっぽちも思わず歯石だけ
取ってもらうつもりでした。
「怪しいのが2本あるね~レントゲン一応撮ります。」
歯科衛生士のおばちゃんが言いました。
え~虫歯~?
ここ5年は虫歯になったことは無いと思います。
「1本は大丈夫。でも左下の奥から3番目は虫歯。」
今日はさしより歯石を取って、食べ物のヤニを撮ってもらいました。
「次治療します。」
つるつるになった歯に満足して帰りました。

次の土曜日。
いざ虫歯の治療です。
息子と一緒に朝イチから行きました。
「まずお母さんから。」
え?私から?
「待っててね。」
と息子に言って診察室に入りました。
「あー少し虫歯になってるね~。」
先生が見られました。
ういい~~~ん きゅいい~~ん
歯医者の道具は、なぜあんなにイヤな音がするのでしょう。
先生が一生懸命削られています。

たいしたこと無いんじゃないの?
やけに時間かかるし念入りです。
何か先生が道具を持ち替えています。
いだっ
ど、ドリルの振動が神経に伝わります。
何度もです。
ぎ、ギブ
心の中で叫びます。
隣のいすでは息子がもう座って治療しています。
あ、あと少しがんばれば終わる・・・
痛みに弱い大人は必死です。
「はい、うがいしてー」
顎ははずれるし、涙目でずだぼろです。
「先生、ひどかったんですか?」
「見た目はちょっとだったんだけど結構いっとったね。」
やっぱし。
でも不幸中の幸いです。そのままにしていたら大変なことになっていました。
私が終わって息子を見ると、おばちゃんたちに押さえられながら
がんばっています。
小1でこの痛みに耐えるなんて、なんてすごいんでしょう。
「がんばったね~~♡」
とよしよししてあげました。
受付のおばちゃんが
「来週はお母さんだけね。」
といいました。
え~!一人では耐えられないYO
スポンサーサイト

過酷すぎる探検

最近の熊本は、雨の降り方が尋常ではありません。
ときどき上がるのですが、しばらくすると文字どうりバケツをひっくり返した
ような雨が襲いかかるのです。

今日は、せらむんちゃん(お友達)に誘われて、小学校の2年生の町探検に
引率として行く日でした。
朝、まだ雨は降っていませんでした。
9時半学校集合で、延期の場合は8時半ごろ連絡しますと書いてあったので
子供たちを送り出した後、天気をきにしながら洗い物をしたり、洗濯したり
していました。
8時ごろ、
バシャ~ザザザザ~
やはり、降り出しました。
今日は無いね。勝手に思いました。
雨はまた止みました。
8時35分ごろ「♪♪♪・・・」携帯が鳴りました。
「今日はすみません、降ったり止んだりですが町探検しますのでお願いします。」
と学校から連絡がありました。
急いで準備しました。
水筒、タオル、カッパも一応持って行こう。
疲れるけど、運動靴はやめて長靴にしよう。
私は思いつくだけの雨対策をしました。
家を出る時は、雨は降っていなかったので、せらむんちゃんが車で送ってくれる
とメールしてくれたのに、気付かず歩いてうちを出ました。

学校につくと、雨は止んでいましたが強い風が吹いていました。
子供たちとあいさつを済ませてさあ出発です!
せらむんちゃんは風邪気味でリポビタンDを飲んで来たそうです。
真面目すぎます。
あからさまに、雲行きが怪しくなってきています。

まずは、中学校の先のパン屋さんです。
最初、ぽつぽつきました。
こどもたちと、傘をさしました。
なぜか、傘を持っていない子がいます。
「なんで傘ないとね?」
せらむんちゃんが聞きました。
「学校に忘れた」
いやいや、先生があれほど傘持って行きなさいって言ってたし。
その子は探検バッグのひもが長すぎて肩に掛けられず、手に持って水筒もひもが
ついていないから手に持っています。両手塞がってるじゃん!
傘を持ってくる気はさらさら無いとしか思えません。
だんだん雨が本降りになってきました。
「カッパ着たほうがいいよね。」
私たち、大人二人がもごもごとカッパを着ようとしたその時、
びょ~~ざざざざざ~~~
最悪です。カッパを着る前にびしょ濡れです!
もちろん、軽装備すぎる子供たちはじゅちゃじゅちゃです。
先生に雨宿りを勧めましたが、道の横は海でバス停にいても雨風はしのげません。
「あと3分で着かないといけないので行きます!」
先生は焦って出発しました。
やっとパン屋さんに着きました。
班長の女の子は、いままでの苦労は嘘のようにハキハキとご挨拶して、
みんなでべちゃべちゃの探検バッグに質問の書いてある紙を挟み決められた
通り質問しました。もっと変な質問したらいいのにと内心思いながらパンを眺めていました。

次は、隣のラーメン屋さんです。
「今のうち、パン買ってこよ!」
せらむんちゃんがいいました。
「わたしも!」
パンが食べたかったのは私だけではありませんでした。
私たちは前のパン屋さんへ戻りパンを買って素知らぬ顔でラーメン屋さんへもどりました。

「時間が押していま~す!」
先生が子供たちに叫びます。
雨はさらに激しさを増しています。みんなでがんばって歩きました。
つぎは、中学校です。
美しく建て替えられた中学校に入るのは初めてです。
中学校の先生方が、びしょ濡れの小さな子どもたち雨のなか大変だったね
などと声をかけてくれました。
校長先生と教頭先生が出迎えてくださり案内は教頭先生がしてくださいました。
子供たちと3階までいろいろな教室を見ました。
へとへとです。

次は選果場です。
まだ歩きます。
子供たちは、よくがんばって着いてきています。
選果場ではお馴染みのお兄さんが仕事の内容を説明してくれました。
子供たちの質問を書いた紙はヨレヨレです。えんぴつが書けるのかも
怪しい状態です。
まず、ブドウの選果をみて、アスパラの選果を見ました。
アスパラは暑いとふにゃふにゃになるので、クーラーのガンガン効いた部屋で
作業されていました。みんな少し生き返りました。
でこぽんはもう終わっていましたが、機械を子供たちが見たいと言うので
二階に上がって見学しました。

やっと終わりました。
「給食に間に合いませんよ!」
先生は焦っています。
子供たちは腹ペコのびしょ濡れでがんばって歩きます。
その途中、
「あっ俺の傘!」
道向かいのフェンスに黄色い傘が掛けてあります。
え?
そうです。傘を学校に忘れたと言っていた子です。
学校に忘れたんじゃないんかい!
しかも、その子の家は全く違う方角なのです。
その子は、役に立たない傘を拾って学校へ到着しました。

帰る間際に雨は上がったのでした。

せらむちゃん大丈夫?誘ってくれてありがとう!
結構おもしろかったです。(笑)












未知の世界

「このなかで、ドラムする人?」
ピアノの先生が言いました。
「はい!私やりたい!」
自分で手をあげました。
曲は福山雅治の「家族になろうよ」です。
もちろんドラムなんか一回もたたいたことありません。
でも一回、叩いてみたいなァ位の気持ちで立候補しました。

次の週、
何を練習してよいのか分からずピアノの先生の家にいきました。
「簡単よ」
先生は言いました。
「8分音符をたたきながら、足で1と6と7のときたたくの」
一応やってみました。
足がつりそうです。
ある程度予想はつきましたが、足に脳みそがついていきません。(汗)
テレビでみているようには全くいきません。
ピアノさんは出来あがっているので、私が邪魔しています。
「先生、私、大丈夫かな?」
確認すると
「大丈夫、大丈夫!」
先生は言いました。


一抹の不安を抱え、みんなでお風呂に入っていると、
「ママ、ドラム~?私もまだしたことないのに!」
小5の娘も、発表会でのアンサンブルでドラムしたかったのですが、違う子になって
キーボードになりました。
「うん。やりたい!ってママ言ったけど全然できんかった」
すると年長の息子はバッサリ、
「普通、得意なものに手ば挙げるど!」
くそ~
「でも、やってみたいことに私も手挙げるよ!」
娘がいいました。
そうだ!最初は誰でもできないんだ!ナイスフォロー!
年長さんにまけるか~!家族になってやる~!



お酢

び、美容室のシャンプーが切れた・・・
困った~
以前仕込んでおいた、マルセイユ石鹸の熟成期間終了は3月2日。
これで、全身洗ってみたかったのにあと1週間シャンプーがもたなかった。
でも、髪洗わない訳にもいかんし、今日美容室のシャンプーを買ったら
また1カ月お楽しみがのびるし、5250円(シャンプーとリンスの値段)が無駄になる~
悩んだ私は、苦渋の決断で出来上がっているマルセイユ石鹸を一個だけネットで買うことにした。
エッセンシャルオイルで香りもつけてある完成品だ。

頼んで2日後には届いた。
箱を開けると、ファッ
まだ見ぬ、春が到来したかのようなお花畑の匂いがした。これはイケる!
確信した。


                        

その日のお風呂、いつものように子どもたちと入りました。
何か違うぞ!と子どもたちもすぐ気付き
「ママ、石鹸出来あがったとー?」
娘が聞きました。
「いや、ママの石鹸は3月にならんとできんけん一個出来てるのば買ってみた。」

まず私が使ってみました。
やはり香りは最高で、洗い上がりはキュッとして汚れ落ちました―って感じなんだけど
全然つっぱりません。
髪も石鹸で洗って、最後にリンスは木イチゴ酢を洗面器一杯に60mlくらいいれて
アルカリ性を酸性で中和させてリンスにします。
リンスって酢の事だったんだーと感心しました。
酢のお湯をかぶりました。
やはり、木イチゴ酢といっても、酢なので口に入るとすっぱいですが、
香りはよく、洗い流すと酢の匂いはしません。
なにより、その使い心地は最高でした。
なにか、上から塗ったすべすべ感ではなく、髪本来のあるべき姿のすべすべ感といいましょうか。

次に、娘の髪も洗ってあげました。
娘の髪は癖がひどく量が多いので、女心が芽生えてきた小5はいつも
テレビのシャンプーのCMに憧れていました。
初めて石鹸で洗ってみると、泡立ちもよくリンスの酢というのには
若干抵抗があったようですが、気に入ったようです。
それに、ドライヤーで乾かしてみると、なんと乾きが倍くらい早くさらっさらなのです!
ティモテ~
昔、そんなシャンプーのCMありましたよねー?
そんな感じです!

次は息子です。
彼は香りや好みがうるさいのですが、香りはかなりお気に召されたようで
洗うのを楽しみにしていました。
頭を洗って、さてリンスです。
「これはね、お酢だから飲んでも大丈夫だよ!」
というと
「舐めてみていい?」
息子はワイン色の液体を興味深々でのぞきました。
ぺろっ
「すっぱ~」
「あたりまえたい。お酢なんだけん!ドレッシングとかにして使うとよ。」
と教えると、しばらく考えて
「じゃあ、メスは?」

「オス メスのオスじゃないとよー」
そうです。私が酢に「お」をつけるので、オスメスのオスと思ったようです(笑)
かわゆい~❤

11年目の改心

高校生の頃。給食というありがたいものが無くなり、お弁当になった。
おのずと母の負担が増えた。
うちの母は、妹が言うには、「ずっと死ぬまで泳ぎ続けるマグロ」だそうで
ようするに、ノンストップで忙しい人なのだ。

最初のうちは母も快くお弁当わ作っていたが、1週間くらい経つと、
「毎日、このクソ忙しいのに弁当作ってやりよるのに!」
と、私が勉強に身が入らないせいか、冷食ばかりの弁当なのに小言がひどくなった。
1か月経つか経たないかで、母ではなく、私が音をあげた。
「もうお弁当作らんでよかけん、お金ちょうだい!」
と言って、毎日お金をもらっていた。
今おもえば、作ってくれるでけでありがたいのだが、高校生の私では限界だったのだ。
毎日、弁当代と称してけっこうな額を持って行く私に、あの厳しい母は
何も言わなかった。


                 

結婚して早11年目に突入しました。
わたしの大好きな夫のぶたんは、会社にお弁当を毎日持って行きます。
社食はかなり美味しいらしいのですが、会社が広くて移動するのがめんどくさい上、
お金がもったいないので弁当がいいそうです。
しかし、愛妻弁当には程遠く、どちらかといえば悪妻弁当なのです。
DNAでしょうか?
毎日のお弁当作りは10年以上おもしろくありません。
ですから、もうかれこれ数年は、冷食3品に卵焼き、ウインナーそして2合近いご飯と
スタイルを崩した試しがありません。
弁解するようですが、料理は嫌いではありません。むしろ美味しいものが
大好きで、家でも美味しいものを食べたいので夕食はかなり知恵を絞ります。
子どものお弁当も、たまになのでがんばります(笑)
でも、大好きなのぶたんのお弁当は、悪妻弁当になってしまうのです。(ごめんね)

しかし、私のバイブル的本に
「こんな家は家計状況が良くないケースが多い」
・エコロジーに無頓着な家
・ゴミを分別しない家
・ファミレス好きな家
・冷凍食品の多い家
・忙しいが口癖の人
・レジャーの内容がコロコロ変わる人
・目的なき外出が多い家
とありました。

いか~ん!!
あてはまっとるー!
すぐさま、図書館に行ってお弁当作りの本を借りてきました。
う~ん これは毎日冷食を使わず違ったお弁当を作るのは難しそうです。
でも、決めました!
できるだけやってみよう!
まずは1週間!
まだ2日目(汗)
脱!冷食!
脱!悪妻弁当!


 | ホーム |  » page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。