スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観察力

みなさん何かしらあると思うのですが、座右の銘とでも申しましょうか
好きな言葉などお持ちかと思います。
私の好きな言葉は、

「口は災いの元」

「人は出来ないんじゃない、やろうとしないだけだ!」

です。
この二つだけは、常に肝に銘じています。
後者の方はだれの言葉か知りませんが、本に書いてあった言葉です。
ですから、やってみたいことは、とりあえずやってみます。(下手でも)
出不精なので、ほとんど家のなかでやっていますが(笑)

「口は災いの元」は、私が三十何年生きてきて、これだけは言えると思うからです。
昔の人は、やはり凄いなァと、しみじみおもうのです。


先日、お友達のママが、
「こないだは、旦那とけんかして来れなかったのよ~」
とみんなで夫婦喧嘩の話しで盛り上がっていました。

そこに、うちの小5の娘も一緒にいて、にこにこ話を聞いていました。
すると、うちの娘は、

「ママ~、ママは全然喧嘩せんもんね~!それはね、ママがいつも我慢しとるけんばい!」

「もし、ママがキレたら、パパここにはおらっさんけ~ん」

え~?
気づいてたの?
ママがキレたら、パパがいなくなっちゃうって思うの~?
いつも、ノー天気に生きてるわけじゃないのね~!


そうです。うちは、ほとんど夫婦喧嘩はしません。
うちの、のぶたん(夫)は、私にとても優しい人です。
でも、喧嘩をしないよう、あえて気をつけているのは事実です。
それは「口は災いの元」だからです。


それを、いつもの生活の中で見抜くとは、おぬしもなかなかやるのぉ!
スポンサーサイト

将来の夢

「私、将来、漁師になろっかなぁ。」

うちの小5の娘は将来は漁師になりたいそうです。
はっきり言って、そんなこと言う小5の女子は、うちの子以外いないと思います。
うちは、サラリーマン家庭です。
親戚に漁師のところもありません。
しいて言えば、じいちゃんの趣味は魚釣りです。
でも、うちの小5の娘の趣味は魚釣りです。
魚釣りをしている時は本気です(笑)
顔つきが違います。
いつも、友達と遊ぶことを生きがいにしているのに、魚釣りに関しては、

「女の子と行くと、おしゃべりしたり、音たてるけん魚が逃げるとよ!」

だそうです。
車で移動していると、釣りのpoint(釣り具屋さん)で異常に反応します。



昨日、

「ママ~!!これ見て!!私これに行きたい!!」

「なにそれ?」

学校から、プリントをもらってきました。
なにやら、体験学習の案内のようです。

「1万円?高っ!」

よく見ると、泊りがけではなく、毎週土曜に日替わりでいろんな体験ができるようです。

「ママ!!よく見て!!地引網漁体験ってかいてある!!これがしたい!!」

地引網漁?


変わり者です。
うちの子は地引網漁に惹かれたのです。

「雨天中止って書いてあるけん雨だったら無いばい!」

「雨でも私はする!!」

いや、雨だったらさっさんし・・・
とりあえず、保留にしておくことにしました。

しかし、漁師は大変そうです。
そんな根性あるのか?
て言うか、そもそもあなたは魚食べないじゃない。
明らかに肉食系女子でしょ?

動物性たんぱく質は魚だけでいい!!っていうくらいになってから漁師になってちょうだい!!



テスト

小5の娘は、毎日遊びに行くことを楽しみに生きています。
学校から帰ると、玄関にランドセルを投げ捨て遊びに行きます。
カツオくんよりヒドイです。

そんな娘も最近は、じっとして勉強できるようになり、少しほっとしていました。

「ママ~、今度の国語のテスト100点かもしれん

うきうきしながら娘が言いました。
うちの家では、なかなかお目にかかれないレアなものです。
「良かったねー!楽しみだね!」
採点結果を待ちました。


次の日、

「テストどうだったー?」
私が聞くと
「まだ返さっさん。でも違う国語のテストが返ってきた~」
「そうね。それはどうだった?」
「漢字2個間違えて96点だった。」
「何ば間違えた?」
「右に折れるって書いてUターンて書いた。」

         Uターン
        右折

て、書いたの~??
まじで~??おもしろすぎる~!!
右折したらUターンするかもしれんけど~(笑)

「見せて!!」
その珍百景をみせてもらいました。

実際は、
         ゆんたん
         右折
と書いてありました。
            
「Uターンじゃなくて、ゆんたんになっとるよ!!」

「うそ~」

「うそじゃないたい!」

「でも、友達は分からないところは何も書かっさんけん、何か書いたけん偉かろ?」
どこで習ったのかポジティブ思考の小5女子に丸めこまれました。

そうね。何も書かんよりいいっか。
100点予想のテストも返ってきましたが残念ながら100点に及びませんでした(涙)

未知の世界

「このなかで、ドラムする人?」
ピアノの先生が言いました。
「はい!私やりたい!」
自分で手をあげました。
曲は福山雅治の「家族になろうよ」です。
もちろんドラムなんか一回もたたいたことありません。
でも一回、叩いてみたいなァ位の気持ちで立候補しました。

次の週、
何を練習してよいのか分からずピアノの先生の家にいきました。
「簡単よ」
先生は言いました。
「8分音符をたたきながら、足で1と6と7のときたたくの」
一応やってみました。
足がつりそうです。
ある程度予想はつきましたが、足に脳みそがついていきません。(汗)
テレビでみているようには全くいきません。
ピアノさんは出来あがっているので、私が邪魔しています。
「先生、私、大丈夫かな?」
確認すると
「大丈夫、大丈夫!」
先生は言いました。


一抹の不安を抱え、みんなでお風呂に入っていると、
「ママ、ドラム~?私もまだしたことないのに!」
小5の娘も、発表会でのアンサンブルでドラムしたかったのですが、違う子になって
キーボードになりました。
「うん。やりたい!ってママ言ったけど全然できんかった」
すると年長の息子はバッサリ、
「普通、得意なものに手ば挙げるど!」
くそ~
「でも、やってみたいことに私も手挙げるよ!」
娘がいいました。
そうだ!最初は誰でもできないんだ!ナイスフォロー!
年長さんにまけるか~!家族になってやる~!



お姫様

朝のニュースは、「おはよう日本」と決めています。

その日も、子どもたちの身支度を手伝いながら、ニュースを見ていると、
天皇陛下と皇后美智子さまが映り、陛下の体調を考慮しながらご公務にあたられる
というようなニュースが流れていたとおもいます。

「ママ―、お姫様っていいよね~」
「ママがお姫様だったらどうする?」
小5の娘は言いました。

きっと、愛子さまのことを言っているのでしょう。

現実的な私がいいました。
「ママは、なれないと思う。だってお姫さまたちは自分のことより
まず皆のことを考えなんとばい!ママはそこまで、心が強くなってないけん。」
夢のない言葉に娘はそれ以上聞きませんでした。

すると、年長の息子が
「へー、氷おにみたいな感じ?」

氷おに?

おにごっこの時、タッチされたら固まって、固まっている人を逃げているひとが
タッチして助けるあれ?

「だって、いつもみんなのことを考えて動かなんたい!」

う~ん。
「そうだね。みんなのこと考えとるもんね。」


息子は納得して保育園に行きました。

おにごっこ、おそるべし。

お酢

び、美容室のシャンプーが切れた・・・
困った~
以前仕込んでおいた、マルセイユ石鹸の熟成期間終了は3月2日。
これで、全身洗ってみたかったのにあと1週間シャンプーがもたなかった。
でも、髪洗わない訳にもいかんし、今日美容室のシャンプーを買ったら
また1カ月お楽しみがのびるし、5250円(シャンプーとリンスの値段)が無駄になる~
悩んだ私は、苦渋の決断で出来上がっているマルセイユ石鹸を一個だけネットで買うことにした。
エッセンシャルオイルで香りもつけてある完成品だ。

頼んで2日後には届いた。
箱を開けると、ファッ
まだ見ぬ、春が到来したかのようなお花畑の匂いがした。これはイケる!
確信した。


                        

その日のお風呂、いつものように子どもたちと入りました。
何か違うぞ!と子どもたちもすぐ気付き
「ママ、石鹸出来あがったとー?」
娘が聞きました。
「いや、ママの石鹸は3月にならんとできんけん一個出来てるのば買ってみた。」

まず私が使ってみました。
やはり香りは最高で、洗い上がりはキュッとして汚れ落ちました―って感じなんだけど
全然つっぱりません。
髪も石鹸で洗って、最後にリンスは木イチゴ酢を洗面器一杯に60mlくらいいれて
アルカリ性を酸性で中和させてリンスにします。
リンスって酢の事だったんだーと感心しました。
酢のお湯をかぶりました。
やはり、木イチゴ酢といっても、酢なので口に入るとすっぱいですが、
香りはよく、洗い流すと酢の匂いはしません。
なにより、その使い心地は最高でした。
なにか、上から塗ったすべすべ感ではなく、髪本来のあるべき姿のすべすべ感といいましょうか。

次に、娘の髪も洗ってあげました。
娘の髪は癖がひどく量が多いので、女心が芽生えてきた小5はいつも
テレビのシャンプーのCMに憧れていました。
初めて石鹸で洗ってみると、泡立ちもよくリンスの酢というのには
若干抵抗があったようですが、気に入ったようです。
それに、ドライヤーで乾かしてみると、なんと乾きが倍くらい早くさらっさらなのです!
ティモテ~
昔、そんなシャンプーのCMありましたよねー?
そんな感じです!

次は息子です。
彼は香りや好みがうるさいのですが、香りはかなりお気に召されたようで
洗うのを楽しみにしていました。
頭を洗って、さてリンスです。
「これはね、お酢だから飲んでも大丈夫だよ!」
というと
「舐めてみていい?」
息子はワイン色の液体を興味深々でのぞきました。
ぺろっ
「すっぱ~」
「あたりまえたい。お酢なんだけん!ドレッシングとかにして使うとよ。」
と教えると、しばらく考えて
「じゃあ、メスは?」

「オス メスのオスじゃないとよー」
そうです。私が酢に「お」をつけるので、オスメスのオスと思ったようです(笑)
かわゆい~❤
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。