スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOSS

「石鹸、もってきて。」

うちの石鹸は、手作りのため溶けやすいので、お風呂からあがったら
一緒に脱衣所にあげます。
お風呂から上がるのが最後だった娘に頼みました。

「え~今手洗ったのに~」

ぶつぶつ言いながら、石鹸とお酢たちを上げてくれました。

「よし」

化粧水を肌に浸透させながら、私はつぶやいたらしいのです。

「ママ!!今、よしって言ったね~!!」

「?」

「私は犬ねっ!!」

「え?ママよしっって言った?」

「言ったよ!小さい声で。」

「気付かんかった。無意識だったけん。」

「も~!!」

「ごめん。でも家のボスはママだけん。」(笑)

「ボス?じゃあ私ママ倒さなんと~?」



ス-パーマリオの悪役のボスじゃないんだよ!
ボスの言うことはちゃんと聞かなんって言う意味たい!

でも、心の声は出さないよう注意しよっと(笑)









スポンサーサイト

暗闇の中のパーティ

日曜日、うちの息子の誕生日が近いのもありみんながお休みなので誕生日パーティを
しようと思っていました。

朝から、掃除と洗濯が終わると、
「?おなかが痛い・・・?」
至って健康体のこの私が、おなかが痛いって気のせいかしら?
いや、やっぱりジクジク痛む!
「寝れば治るかっ」
やたら原始的な私はベットに横になりました。

「ママは?」
のぶたん(夫)が子供たちに聞いているのが聞こえました。
「どうした~?眠いの?」
「おなか痛い。」
「じゃあ、しばらく寝とくたい!」
のぶたんはいいました。
しかし今日はお休みで、誕生日パーティをする日です。
私がずっと寝るわけもいかないのは分かっていました。
「け、ケーキ作らなん・・・」
頭では起きろという指令が飛び、体は寝ろという指令が飛ぶチグハグな私は
やっとの思いで起き上がりました。

「じゃあ、まず買い物に行こう!」
のぶたんは張り切っています。
「いたた・・・」
買い物の途中もお腹はジクジク痛みます。
何も食べてないのに、パンパンです。
今日のパーティは、じいじとばあばにも祝ってもらえるように実家で行います。
「今日、誕生日パーティするけん。」
母に言うと
「どうぞ。今から私おばの家にいってくるけん。」
と出掛けて行きました。

まずは、ケーキ作りです。
最近、我が家でブームのムースがいいと息子に言われていたので、
大量のチョコムースを作り、トッピングしてケーキ風にすることにしました。
今日ばかりは、誕生日ケーキは買ってきていいかなと思ったのは甘く、息子にママが
作ったやつじゃないといやだ!と言われたので、真っ青になりながら作りました。
ムースを冷やしたら、あまりにキツイので横になりました。

のぶたんと、子供たちはテレビを見ながら大笑いしていました。
「だれか、お茶碗洗ってくれん?」
娘とのぶたんに言いました。
「う~ん」
娘の生返事が聞こえました。
「寝とくたい。あとで洗っとくけん。」
のぶたんが言いました。
しかし、その矢先目を閉じて寝ようとしています。
だ、だめだ・・・
体が言うことをきかないので、私も少し目を閉じました。
い、いかん。
洗いものが終わってないと、次料理が出来ん!

目を白黒させながら、洗い物をやっとの思いで終わらせました。
少し、休もう。
また横になると、娘が、
「あー図書館行かなんだった~!!」
いびきをかいているのぶたんに言いました。
「じゃあ、図書館に行ってくるね!」
やっとの思いで横になった私に、のぶたんは言いました。
ひとりぼっちです。

少し休んだら、料理に取り掛かりました。
お、おなか痛い・・・
立っているのもきつくなったので、座って野菜を切っていました。
すると、
「ただいま~」
母が帰ってきました。
「いっぱいおかずもらってきたよ!」
「おなかが痛い・・・」
「大丈夫?熱測ってんか。」
熱?そんなこと思いつかんかった。
めったに熱なんか出ない私には体温計は遠い存在でした。
ピピピッ
「ね、熱ある!!!!」
平熱も低いわたしにとって、37度8分は高熱です。
もう私に動く気力は残っていませんでした。
「後はしとくけん寝なっせ。」
言われるがまま奥の部屋の布団に横になりました。

「ただいま~あれ?ままは?」
のぶたんと子供たちが帰ってきました。
事のなりゆきを知ったみんなは、私抜きの誕生日パーティを始めました。
真っ暗な部屋で、ハッピーバースデイの歌を聴き、クラッカーと笑い声が聞こえました。
さびし~
でも、七歳お誕生日おめでとう!!
いっぱいあるお誕生日の一回だけだもんね。
来年は、みんなでお祝いできますように!!

注意:もりのこかげはもう元気です!胃腸炎でした。












電話

プルルルル・・・

携帯全盛期の時代、家の電話が鳴るとびっくりするのは、私だけでしょうか?

「はい、もしもし。」

「小学校のTですが、いまよろしいでしょうか?」

今日は、土曜日。

先生という職業は、大変だなあ。とツクヅク思うのであります。

T先生は、上のお姉ちゃんの3年生のときの担任で、部活も地区も担当の先生です。

「はい。大丈夫です。」

「実は、あるお婆ちゃんが、バスターミナルに行きたいけど、道が分からなくて困っていた
 ところ、どうも娘さんが、駅のバス乗り場まで案内してくれたようなのです。
 娘さんから聞いていませんか?」

聞いてはいなかったけど、たぶんうちの娘に間違い無いな。と思ったので、

「聞いてはいませんが、うちの子だと思います。本人は魚釣りに行っています。」

「私も娘さんだと思ったので電話しました。そのお婆ちゃんが、とても親切にしてくれたので
 お礼がしたいとおうちを探したけど見つけられなかったので、学校に電話したと言われていました」

「お礼だなんて。本人はそんなつもりでしたんじゃないですから、いいですって言ってください。」

「分かりました。名前だけお婆ちゃんに教えていいですか?」

「はい。かまいません。」




うちの娘は、ものすごく人なつっこい性格で、ちょっと知ってる位の人にも遠くのほうから
「~ちゃんのママ~!!」とか言って手を振ってひとしきり世間話をする人間です。
一年生のころは、新しいお友達が増えたのがうれしくて、道草をしてはいけませんと
先生から言われていたはずなのに、学校の帰りに新しい男の子のお友達の家にお邪魔して
帰ってきたりするので、何度も探しに行きました。
ピアノを習い始めると、学校の帰りに先生のお宅にほかのお友達をぞろぞろ連れて案内していたそうです。
お友達が遊びに来たら、危ないから送っていくと言ってしばらく帰ってきません。
最近は物騒だから、道を聞かれたりしても車に乗ったりしてはいけませんよ!と先生が
忠告してくれたり、わたしも注意したりしますが、うちの娘は大丈夫だろうか?とよく
心配になります。
下の息子は、道を知っていても教えないと思います。(用心深いので)

でも、お年寄りがそんなに親切にされてうれしかったと言ってくださるなら、本当に
いい子に育ったんだなあと嬉しく思います。人が困っていたらすぐ手を差し伸べることが
できるっていいなって心から思います。


勉強にとりかかるまでものすごく暇がいるけど、

部屋が豚小屋みたいになっても気にならないけど、

やさしい心に育ってくれてありがとう!!












幸せ者

うちの のぶたん(夫)は、会社を休んで私と出掛けるのが好きです。
日曜出勤をすると代休が取れるので、平日の都合のいい日にデートします。
のぶたんは、
「どこに、何食べに行く?」
「どこか行きたいところある~?」
とか、私の要望を逐一把握し計画を練ります。



この日、朝から出かけると言っていたので、洗濯しようとしたら、既に夜、洗濯されて
干してありました。私が洗濯が終わらないと出掛けないからでしょう。
いつも、日曜は昼まで寝て、そのあと3度寝するのぶたんは、今日は子供たちが
学校に行くとすぐ起きてご飯を食べ準備して出掛けることができました。

本日、私の行きたいところは、一番がハンズマン!!(ホームセンター)遠いのでなかなか行けない。
子供が行きたがらないので、日曜は行けない。私の憧れの店!!

朝の8時半くらいから、ハンズマン目がけて出かけました。

ま~、いっぱい花がある~!
わたしは、じっくり花を眺め回りました。すると後ろからのぶたんが、
「中は見らんでいいと?いっぱいいろいろあるよ」
我を忘れた私に時間を気にするのぶたんは注意を怠りません。
この後、美術館に行って、カレー屋さんでカレーを食べ、紅茶屋さんに行き、
子供たちが学校から帰るころには帰宅予定だからです。
「そうね!中も見る!」
最近、私がとても気になっていた事はポストが玄関の地べたにある事でした。
のぶたんに壁に設置してほしいとお願いしてもなかなか実現せず、しょうがないので
DIYに挑戦して、ポスト乗せる台を作ろうかと思うと、そんなの買ったほうがいいと
のぶたんにバッサリ切られる始末で、頭にきていました。
すると、
「あそこに、良さげなやつあるよ!」
のぶたんが言う方に、すのこを組み合わせたような、椅子のようなものがいろんな種類でありました。
その中にステップのような形で、ポストを乗せてある程度の高さがあり、下に鉢が飾れるちょうどいい
ものを見つけました。
「自分で作るよりしっかりして安定感あるよ!」
たしかに・・・
のぶたんは合理的な人です。
「じゃあ、これに色を塗る!!アンティーク風にしたい!!」
ペンキを見ました。あまりにいっぱいあるので、さしより木目のわかるオイルステインを塗る
事にしました。
「よかったたい!!ポストの台買えて。」
のぶたんは満足そうに言いました。

次は現代美術館で葉祥明展を見ました。

かわいらしい色彩と温かな絵はとても素晴らしかったです。
私でも描けそう!などと思ってごめんなさい。たくさん写真を撮ってたくさんデッサン
を重ねた上での完結的表現だと初めて知りました。
のぶたんとは最後まで、これいいな!という絵は食い違いましたが
二人ともとても好きな画家でした。

11時半、開店と同時にカレー屋さんに行きました。

「スリランカ熊本」というどこなのかわからないカレー屋さんにいきました。
のぶたんのおススメはドライカレーだったので、のぶたん特盛りの私ふつう盛にしました。
サラサラのカレーは私は初めて食べました。か、辛い!!いままで味わった事ない辛さで、
大食いの私も、半分くらいでお腹いっぱいになりました。(辛すぎて)

次は、紅茶屋さんです。

すてきなティーカップや珍しいフレーバーの茶葉を散策しました。
すると、のぶたんが
「ここは、コーヒーは無いんですか?」
「うちは、紅茶とハーブティはありますがコーヒーは置いていません。」
と店員さんを困らせていました。
私は、今からの季節にアイスティで飲んでもおいしい茶葉を2種類買いました。
美術館の半券を見せると、上のティサロンでケーキが無料で食べられるので
2階にいきました。

平日というのもあり、私たち以外誰もいませんでした。
わたしはすぐ、ベリーのケーキに決め、のぶたんは、
「えーどうしよっかなー?」
と考えた末チーズケーキにしました。
しかし、紅茶は別でお金を払わなくてはいけないんだけど、
メニューをよく見たら、アイスティ700円以上するじゃありませんか。
お高い紅茶を飲みながら、
「パパ、よく買い物に行くと店員さんに変な質問するよね~」
というと、
「うん、俺疑問に思った事は何でも聞くことにしてる。前は、(私)のために、必要じゃないか
と思うことを選んで聞いてたけど、あんまり必要じゃないって最近分かった!」

え~?そんなことまで考えてたの~?
いつも心ない返事してごめんなさい。反省してます♡

そんなこんなで、家に帰るともう子供たちは遊びに行ったあとで間に合いませんでした。





100円積もればwiiになる

お久しぶりです。

かなりブログサボりました。

私のブログを見てくださるマニアの方々ごめんなさい。


さて、もう月日はすぎ、6月!!

子供たちも、学年が上がり娘は6年生、息子は晴れて1年生になりました!

ということは、私ものぶたんも(夫)も一つ年を重ねたことになりますね~(現実逃避)


うちの家では、学校でのテストで100点とったら100円というなんと安易な小遣い制度があります。

うちの実家でも行われていました(笑)

うちの、上の娘は、まあそうそう100点にお目にかかることが無かったので、

「わ~すごいね~!!100円あげるね。」

といって、あげてもそんなに私の懐は痛みませんでした。(がんばれ!)

ところが、下の1年生の息子は違ったのです。

前から、几帳面な性格で、学校の勉強も丁寧な字できちんとこなしていました。

すると、

「100点取ったら100円なんでしょ?おれ100円ためてWii買う!!」

あー、あのでっかい機械のゲームね。

私は、ゲーム買うのにいつも反対なのでうちには、そんなものはありません。

「そうね、いっぱい100点取ったら買えるかもね。」

そんな、いつになるかわからんし、たまった頃にはゲーム熱も冷めとるど。と思って

そう答えました。


数日後


「ママ~100点!!100円!!」

「わ~すごいね~100円あげるね!」

といって、快くあげたのも3回目くらいまでです。

一日おきくらいに100点をとってきます!

困った。

100点がうちの家計を圧迫する事態になりそうです。

「先生が、テストします。って言わしたやつが、テストばい!!」

「うん!言わしたよ。」

ほんとかよと思いながら、泣く泣く100円を息子に払うハメになっています。

「wii買えるばい!!」

むすこは、ほくほくです。

上の子のモチベーションを上げるためには必要な制度だけにやめるにやめられません。

先生!!100点って書かないではなまる位にしてくれ~!!(心の叫び)

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。