スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪徳政治家

寒くなってきました。

九州は冬でも南国かというと、全くの誤解です。

夏は暑く、冬は寒いです。

今年の冬は、窓ガラスに耐熱フィルムを貼りたいと考えていました。

窓ガラスのそばが一番寒いからです。

熊本弁では「スースースル」といいます。

ホームセンターで、そのお目当てのものを見つけましたがいろいろな種類があり、

うちの窓ガラスにぴったり合うものは無く、切って使わなければならないものでした。

わたしは、寒いので見た目より一番分厚くて、防寒できそうなのが良かった

のですが、のぶたんが見た目が悪いし、そんなに分厚いと窓開けれんかもと

言うので、薄く光の通るものにしました。

いざ、買ってきて一カ月・・・

長い巻物状のものが3本ずっと放置していました。


今日はのぶたん平日お休みです。

お昼から、うちの父と出掛けると言っていました。

10時ごろ、のそーっと起きてきたのぶたんは、テレビをつけ、パソコンを

ピコピコします。

「今日、パパお休みだけん窓にあれ貼ろうかな~」

一人で貼るのが面倒臭かった私はここぞと誘ってみました。

いやいやではありましたが、手伝ってくれることになりました。

リビングの小さい窓4面が目標です。

まず窓ふきです。

見て見ぬふりをされていた窓は、まっ黒けです。

わたしが2面を拭きました。

のぶたんにも、2面お願いしました。

綺麗になった窓は何とも清々しくきもちいいものです。

いつも拭いていればこんなに大変な思いをしなくていいものを。

やっとフィルムが張れます。

几帳面なのぶたんに、採寸は任せました。

結構大きいので、一人でやっていたら一日では終わらなかったと思います。

共同作業でフィルムを綺麗に切り、水の霧吹きをして貼ります。

出窓は綺麗に貼れました。

「まさか、窓の大きさ違わんよね?」

のぶたんが言いました。

一枚に全部そろえて切ったからです。

のぶたんがソファーのところの窓を計りました。

「!!こっちの窓が大分大きい!!」

凡ミス。

「これは、二人のミスよね?政治家みたいに、秘書に責任なすりつけたりせんよね?」

のぶたんが言いました。

「これは秘書の責任です。わたしは知りませんでした。」

「おれ秘書になった覚えないばい。」

のぶたんは往生際悪く言いました。


「え~!もういいたい。そんまま貼ろうよ。」


几帳面なのぶたんは許せません。

寝室の出窓を計りに行きました。同じ大きさだったようです。

「寝室おれ窓際に寝るけん寒かて思いよったたい。」

「じゃあ。寝室に貼る?」

「あーでも、おれ出掛けなん。準備していい?」

「えー自分が寝室に貼るって言ったじゃん。貼ろうよ。」

中途半端が嫌いな私は言いました。

窓を急いで拭いてのぶたんに貼ってもらいました。

すりガラス風になった窓はなかなか良く、これでスースースルのが

おさえられると思うとうきうきします。

肝心のソファーのところがまだ貼ってないけど、今度がんばろうね!















スポンサーサイト

灯台もと暗し

うちの上のお姉ちゃんが、毎週録画しているドラマで「東京全力少女」って

いうのがあっています。

その主役の武井咲ちゃんっていう子はとっても美人なのです。

前に、ゴールドってドラマに出ていたときから、ほんとに綺麗で素敵です。

のぶたんに

「うちの、お姉ちゃんお化粧したら武井咲ちゃんに似てるよね?」

と言ったら、

「全く」

と全否定されました。

願望だったようです。

その「東京全力少女」で武井咲ちゃんがあんなに綺麗なのに、どたばたした

キャラで、もっと気になるのが、あんなにスッとした美人に

変に明るい洋服で彼女の良さがまったく活かされていないのです。

のぶたんに

「武井咲ちゃんの洋服へんだよね?」

と、言ったら

「(私を見て)ほとんど一緒じゃん」

え?

そういえば、明るい色でテンションを上げたい私はいつも微妙に派手な

Tシャツを着て、冬は魚釣りに行くようなベストを着ています。ほぼ東京全力少女と一緒です。

そうです。

自分で自分の格好を変と言ってるのと変わらなかったのです。

変わったのは、少女という点と東京という点でしょうか?

いいんだ!熊本全力おばさんは変でも!

開き直る私でした。






心配事

少し前に、上のお姉ちゃんのピアノのコンクールがあるので、のぶたんと娘と3にんで久しぶりに

八代に行ったときのことです。

ピアノのコンクールは、あまり練習していないので私的には楽しみではなかった

のですが、娘の演奏が終わりほっとしたのでお昼ご飯をたべようということに

なりました。

八代は夫婦二人とも土地勘がないので、どこでご飯たべようかと悩んでいました。

すると、ピアノの先生が駅の近くにうちの子の同級生のおじいちゃんがされている

喫茶店があるよと教えてくださったので3人で行くことにしました。

「ちゃんとたどり着くかな~」

一抹の不安を抱えつつ出発しました。(のぶたんは方向音痴です。)

すると駅の近くと聞いていたのですんなり見つけることができました。

駐車場に車を停めていると、

「見て!」

「ん?何?」

のぶたんが何かを発見しました。

すると、そこには家の近所ではなかなか見かけない張り紙がしてありました。

探偵やさんの張り紙です。

確か、浮気、ペット探し、素行調査などを調べると書いてあったと思います。

「頼もうかな。」

のぶたんが言いました。

「え?何を?」

「おれがいない間何をしよるか。」

「?私が?」

そうです。このインドアな私の素行調査のことを言っているのです。

「探偵の人が、たまがらすよ。家とマルショク(近所のスーパー)しか動きがありませんって言わすけん。」

のぶたんはジョークで言ったつもりのようですが、どんだけ心配症なんかい。

もう結婚して11年ですけど~!!








愛しの♡

ずいぶん前のことです。

テレビでトイストーリー3があっていたので、ばあばの家で録画していました。

デイズニーランドは、私はあまり好きではありませんが、アニメや音楽は大好きです。

トイストーリーですから、もちろん小1の息子が喜ぶと思いました。

すると、ハラハラする場面があると

「こわ~い」

と言うのです。

(温室育ち過ぎたか)

でも何度も繰り返し見るうち慣れてきたら、セリフを覚えるくらい何度も見るように

なりました。




あるとき

「セニョリータ~」

可愛い声で息子が呼ぶのです!

だ、誰?

わ、私?


ここは、熊本県です。

「ママを呼んだと?」

「うん!」

そんな呼び方、のぶたんにもされたことありません。

「トイストーリーで言いよらした!」

あ~、バズがスペイン語モードになった時女の子に言ってたね~(笑)

うん、でももう少しセニョリータでもいいかも♡

しかし、それから一度もセニョリータとは呼んでくれないのでした。

ガッカリ。

ご無沙汰しています。

久しぶりに自分のブログを開こうとしたら、

ん?

ログインできません(汗)

パスワードすら忘れていました~!!

長いこと休業してすみません。

ぼちぼち更新しますので、私のブログも見てくださるマニアの皆さま

どうか気長にお付き合いくださいませ。


この場を借りて、私の母が入院している間、仕事をしながら

実家を手伝ってくれたのぶたんに心から感謝します♡

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。