スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪徳政治家

寒くなってきました。

九州は冬でも南国かというと、全くの誤解です。

夏は暑く、冬は寒いです。

今年の冬は、窓ガラスに耐熱フィルムを貼りたいと考えていました。

窓ガラスのそばが一番寒いからです。

熊本弁では「スースースル」といいます。

ホームセンターで、そのお目当てのものを見つけましたがいろいろな種類があり、

うちの窓ガラスにぴったり合うものは無く、切って使わなければならないものでした。

わたしは、寒いので見た目より一番分厚くて、防寒できそうなのが良かった

のですが、のぶたんが見た目が悪いし、そんなに分厚いと窓開けれんかもと

言うので、薄く光の通るものにしました。

いざ、買ってきて一カ月・・・

長い巻物状のものが3本ずっと放置していました。


今日はのぶたん平日お休みです。

お昼から、うちの父と出掛けると言っていました。

10時ごろ、のそーっと起きてきたのぶたんは、テレビをつけ、パソコンを

ピコピコします。

「今日、パパお休みだけん窓にあれ貼ろうかな~」

一人で貼るのが面倒臭かった私はここぞと誘ってみました。

いやいやではありましたが、手伝ってくれることになりました。

リビングの小さい窓4面が目標です。

まず窓ふきです。

見て見ぬふりをされていた窓は、まっ黒けです。

わたしが2面を拭きました。

のぶたんにも、2面お願いしました。

綺麗になった窓は何とも清々しくきもちいいものです。

いつも拭いていればこんなに大変な思いをしなくていいものを。

やっとフィルムが張れます。

几帳面なのぶたんに、採寸は任せました。

結構大きいので、一人でやっていたら一日では終わらなかったと思います。

共同作業でフィルムを綺麗に切り、水の霧吹きをして貼ります。

出窓は綺麗に貼れました。

「まさか、窓の大きさ違わんよね?」

のぶたんが言いました。

一枚に全部そろえて切ったからです。

のぶたんがソファーのところの窓を計りました。

「!!こっちの窓が大分大きい!!」

凡ミス。

「これは、二人のミスよね?政治家みたいに、秘書に責任なすりつけたりせんよね?」

のぶたんが言いました。

「これは秘書の責任です。わたしは知りませんでした。」

「おれ秘書になった覚えないばい。」

のぶたんは往生際悪く言いました。


「え~!もういいたい。そんまま貼ろうよ。」


几帳面なのぶたんは許せません。

寝室の出窓を計りに行きました。同じ大きさだったようです。

「寝室おれ窓際に寝るけん寒かて思いよったたい。」

「じゃあ。寝室に貼る?」

「あーでも、おれ出掛けなん。準備していい?」

「えー自分が寝室に貼るって言ったじゃん。貼ろうよ。」

中途半端が嫌いな私は言いました。

窓を急いで拭いてのぶたんに貼ってもらいました。

すりガラス風になった窓はなかなか良く、これでスースースルのが

おさえられると思うとうきうきします。

肝心のソファーのところがまだ貼ってないけど、今度がんばろうね!















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://morinokokage1231.blog.fc2.com/tb.php/32-4d4a4d1f

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。