スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行

少し前に、六年生最後の修学旅行に上のお姉ちゃんは行きました。

この辺は永久的に長崎です。

朝から、フェリーやバスに乗らなければならないので、三半規管の弱弱なお姉ちゃんは、

昨日酔い止めが無いと騒いで、夜わざわざバアバが買ってきてくれた大事な酔い止め

を飲むのを忘れると言う致命的なミスを犯して出発しました。(さすがに、学校に私が届けましたが)

一泊二日ではありましたが、無事に帰宅しました。

「修学旅行どうだった?」

私が聞くと、

「まあまあ楽しかったよ。」

まあまあなんかい!と突っ込みたくなる感想にぐっとこらえました。

「バスガイドの人がギャルみたいで楽しかった。」

「バスでね、ゲームばしたったい。」

それは、昔懐かしい心理テストのようなものでした。質問が何問かあって

その答えは、好きな人の名前とか友達とかそんな感じのものです。

娘は、その書いた紙を大事に持って帰っていました。

「すごく面白かった!!この紙大事にしてってガイドさんが言いよらした!」

2日間の楽しい思い出が、バスの中のゲームなんかい!

その紙を見せてもらった私は言いました。

「何がそんなに面白いんか全然わからん。」

・・・・・

無言になった娘は、びっくりした顔で言いました。

「ママ、恋心がまったく無いよ!」



何?それ?いやあったらおかしいど?いや昔はあったのか?

いろんな疑問が沸きました。

「ママみたいに恋心が無いひとは初めて!」

捨て台詞を吐いた娘は、ホテルに豪快に名前の書いてある体操服を忘れてきたのでした。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://morinokokage1231.blog.fc2.com/tb.php/34-b3bbea08

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。